■巡回監査による月次決算とは

 巡回監査による月次決算とは
月次決算とはその名のとおり、毎月決算することです。
今月はいくら黒字だったか、それともいくら赤字だったのか、自由に使えるお金はいくら残ったのかを毎月確認する作業です。

巡回監査とは、関与先企業を毎月ご訪問し、会計資料並びに会計記録の適法性、正確性及び適時性を確保するため、月次決算のチェックをし会計事実を確かめ、かつ指導することであり、加えて、経営方針の健全性の吟味に努めるものとする。
簡単に言いますと、

毎月訪問し、社長様とコミュニケーションを重ねて経営者の身近な相談相手となることです

会社設立サポーターのトップページに戻る 

■巡回監査による月次決算の5つの効果

 巡回監査による月次決算の5つの効果
当社が重視している巡回監査による月次決算を行うと次のような効果があります。
 効果1.社長が数字から会社の現状を把握できる。
会社の現状を把握するには、迅速かつ正確な月次決算が必要です。
当社では毎月関与先企業を訪問し、月次決算のチェックを行い、タイムリーな情報を提供いたします。

これまで感覚を頼りにやってきたという経営者の方にも、経営の判断材料となる生きた数字を月次決算書の中から掴み、経営のヒントにしていただけ、
「次に打つ手」がわかるようになります。


 効果2.最適な節税策が見つかります。

実は会社の決算は正確な月次決算を12回行った結果であります。

そのため、毎月正確な月次決算を積み重ねることで、決算の数ヶ月前から、かなりの精度で決算の着地点を予想できます。したがって多くの選択肢の中から、会社に合った最適な節税策を提示することができるようになります

しかも、申告期限間近になって初めて納税金額がわかるようなことはなくなり、余裕をもって納税資金の準備ができるようになります。


 効果3.決算対策が容易になります。

効果2.と同様に、毎月正確な月次決算を積み重ねることで、決算の数ヶ月前から、決算の着地点が予想でき、赤字が出ていた場合は決算を黒字にするためにどこに焦点を当てて経営を見直していくべきかという決算対策もできるようになります。


 効果4.銀行と有利に交渉できるようになります。

銀行・政府系金融機関に融資を申し込みをしますと、必ずと言っていいほど、過去2−3期分の決算書と直近の月次決算書の提出を求められます。

そのときに「月次決算書は作っていません」と答えてしまったらどうでしょう?
当然ですが、一気に信用が低下することになります。

本来2%程度の金利で借りられたはずのものが5%以上もの金利になってしまうこともあります。

これに比してタイムリーな月次決算を行う会社は、銀行の信頼が厚くなる傾向があります。

 効果5.社長のビジョンを明確化し、社長に「気づき」を喚起できます。

月次決算と継続MASの活用により、社長のビジョンを明確にした経営計画を作成し、経営計画と月次決算書をつきあわせることで、会社の目標を達成できているか、あるいはズレがあるか、ズレがあるとしたら何が原因で、明日以降打つべき手は何かを読み解くことが可能になり、社長に「気づき」を喚起できます。

巡回監査による月次決算を行うことにより、上記のような効果が期待できます。
このような効果はお客様の会社の経営を安心で確実なものになることは間違いありません。


逆のことを考えてみてください。
正確ではない数字・タイムリーでない1年に1回の決算を行う会社が、



@数字から会社の現状が把握できるでしょうか?
 おそらく、大きな誤差があっても気がつくことはできず、「次に打つ手」が発見できた
 としても、手遅れになるかもしれません。


A最適な節税策が見つけれるでしょうか?
 申告間近まで、いくらの利益が出ていて、いくらの税金を払うことになるかが
 わからない、ということになると、事前に節税対策を行えなくなります。


B決算対策が容易にできるでしょうか?
 Aと同様に決算の数ヶ月前に決算の着地点を予想することは困難になり、どこに
 焦点を合わせて経営を見直すことができなくなります。


C銀行と有利に交渉できるか?
 月次決算書の提出を求められてもタイムリーな処理を行っていないので、
 あわてて試算表を作成することになります。
 このような場合、銀行の信頼を得ることは難しく、不利な立場からの交渉になります。


D社長のビジョンを明確化でき、社長に「気づき」を喚起できるか?
 当社では、月次決算と継続MASの活用により、社長・会社のビジョンを明確にした
 経営計画を作成し、経営計画と月次決算書をつきあわせることで、
 会社の目標を達成できているか、あるいはズレがあるか、ズレがあるとしたら
 何が原因で、明日以降打つべき手は何かを読み解くことが可能になり、
 社長に「気づき」を喚起できます。
 しかし、巡回監査による月次決算が行われないと、
 このような効果を得ることはできません。

現在では、会計ソフトを利用されて、会社の経理を行われている企業が多いのが現状です。ただ、同じように経理をおこなうのであれば、「巡回監査による月次決算の5つの効果」を得ることができれば、社長は安心で確実な経営ができ、会社を継続的に発展・繁栄することにつながっていきます。


当社は巡回監査による月次決算で、お客様の安心で確実な経営をサポートいたします。  

会社設立サポーターのトップページに戻る