プロフィール

 DSC01092-3.jpg

 会社設立サポーター お客様担当

 税理士 ・ 行政書士

 足立 丈宣

 生年月日  昭和49年6月30日 京都府福知山市出身            
 経歴

 平成 5年 京都府立福知山高校 卒業
 平成11年 和歌山大学大学院 卒業
 平成11年 会計事務所に就職
                   その後計3つの会計事務所
                   税務法務総合事務所に勤務
 平成19年 足立会計事務所設立 
                   行政書士足立事務所設立

 税理士登録  税理士登録番号  第108960号
 近畿税理士会 富田林支部登録
 行政書士登録

 行政書士登録番号 第07262010号
 大阪府行政書士会 南大阪支部登録

 

  → 自己紹介はこちら

 

経験・実績

勤務時代に所属していた税理士事務所・総合事務所は、規模の大きな事務所で多種多様にわたり、多くの企業・社長様とお付き合いさせていただき、私もたくさんの経験・勉強をさせていただいたと実感しています。

例えば・・・
・中堅規模製造業の税務、会計、経営計画の作成
・年商30億円のIT企業の経営相談、経営計画作成、経営会議の開催
・社員数5人〜50人程度、年商5千万円〜10億円程度の法人関与多数
・社員ゼロ、社長様1人で経営されていた会社の経理・法務・税務関与多数
・会社設立、法人登記、起業家支援の相談、会計、税務関与多数

これまでに、100社以上の会社・社長様とお会いしてきました。
売上規模が1千万の会社から50億の会社まで、業種も製造業・サービス業・建設業・飲食業・不動産業と多くの業種を担当してきました。

私の目指すサポーター像

起業家サポーターとしての私の目指すところは

「お客様が安心に会社を設立いただき、孤独になりがちな経営者の良き相談相手として、お客様と一緒に考え相談し、事業の発展に貢献する。」 ことです。
個人・法人問わず、経営者の方に数字を理解してもらい、お客様の現状を理解していただき、PDCAサイクルにより「次の一手」について一緒に考え相談しアドバイスをしていきたいということです。

お客様からなんでも相談していただけるように自己研鑽につとめるとともに、お客様が話をしやすいサポーターを目指します。

もちろん、最近、複雑化している税法への対策や節税対策、正確な申告書の作成については税法の専門家である税理士としての仕事を行って参ります。

お客様の中には経理関係や数字に対しアレルギーをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、少しづつでもそれを克服していただけるようお手伝いしていきます。

 税理士に税務申告だけを求める時代は終わりました。
税務申告だけを求めた場合、お客様の事業内容について、原因・内容・リスク等は決算書の見ても全くわかりません。経営判断をはじめ経営に重要な判断を誤ってしまいます。

経営者と年に数回お会いして、税務申告だけを行う会計事務所が非常に安い価格で顧問報酬として契約されているようです。

お客様の重要な財務・会計データを管理する税理士が、お客様に対し、このような税務申告だけのサービスで、本当にお客様のニーズを満たすことはできるのでしょうか?

私はそうとは思いません。私の考えは違います。

お客様の財務・会計データを管理する税理士として、経営者と一緒になり、会社の業績がいいときには、さらに向上できる方法を考え、会社の業績が悪いときには、良くなるように次の一手を提供しています。

それには当社が採用する業績管理システムである「FX2」がお客様の財務・会計のデータを集計し、一般的な損益計算書ではなく、業績管理に有用な「変動損益計算」をご提供いたします。

「変動損益計算」はお客様の事業に必ず必要となる概念です。
また、業績管理システムの「FX2」は「TKC」に所属する会員事務所でしかご提供できないシステムで、市販の会計ソフトとは全く異なった国内で最高の業績管理システムです。

当社でも、以前は安価な市販の会計ソフトを利用していましたが、「FX2」との差は歴然で、税理士事務所としてお客様に提供できる情報が格段にアップしました。

特に、「変動損益計算」をご説明させていただいた社長様は、

          会社の数字に対して興味をもたれます。
    会社の目標・ビジョンを明確化され、数値化されます。
    数値化した目標達成のため積極的に創意工夫されるようになります。
    目標と実績を比較し、次の一手を見出すようになります。
企業規模の大小は関係ありません。現状では約7割の企業が赤字経営と言われています。何もしなければ7割の赤字に入ってしまう可能性は大いにあるのではないでしょうか。

税理士の中には赤字だから税務署来ないし安心と勘違いをされている方もいます。
お客様の事業が赤字で安心している税理士は本当にあなたの相談相手といえますか?

当社の仕事は完全なるサービス業です。
経営者・責任者、個人の方々が最も望むサービスを提供して報酬をいただきます。
ときにはその望んでいる方向や方針が会社やご自身にとってマイナスに作用することが明らかであったりする場合にはその旨をお伝えした上でご説明していきたいと思っております。

当事務所は平成19年にスタートしたばかりですが、
「孤独になりがちな経営者の良き相談相手として、お客様と一緒に考え相談し、事業の発展に貢献する。」を目指します。  

私たちが関与したお客様と一緒に成長できることをいつも願って仕事に取り組んで参ります。

私たちにも夢や目標・事業に対する誇りがございます。

私は、IT化の進む現在でもビジネスや経営などにおいて最終的には人間の思考・情熱・努力というものが成功要因のうちの大きな比重を占めると考えます。

特に創業者の方やこれから事業展開を考えていらっしゃる方には夢や目標に向かっての思考・情熱・努力が必要です。

ご縁があれば是非私たちにその夢や計画・目標をお聞かせいただきたいと思います。
税理士・行政書士の総合事務所として、お客様の夢の実現のお手伝いをさせていただければ幸せです。