融資相談・アドバイスサービス

融資相談・アドバイスサービスでは、金融機関・日本政策金融公庫(旧 国民金融公庫)・信用保証協会の融資の相談にアドバイスをいたします。

融資相談アドバイスのご案内.jpg
これまでに比べ、今の融資の審査はシビアになっているといえます。
金融機関等は貸したお金を返してもらって始めて儲けになります。
当然のことながら、返せない相手にはお金を貸しません。

かつては、経営者が所有する土地等の財産・経営者の人柄でお金を貸すことが多かったようです。
しかし、現在では土地等の財産についてもあまり評価されずに、経営者の行う事業の内容や事業をどのように運営していくかを示す事業計画、つまり創業計画書が必要となります。

特に、創業計画書を作成する上で重要なポイントがあります。
それは、銀行マンが最初の新人研修で学ぶことで「銀行の社会的使命」というものがあり、

 その社会的使命の中で、5つの使命があります。

 @流動性 A成長性 B収益性 C安全性 D公共性 です。

当社では、この5つの使命を重要ポイントとし、中心にして創業計画書・事業計画書の作成のアドバイスをいたします。
当然、当社のアドバイスで必要額の融資をされたお客様が多くいらっしゃいます。

創業時以降も事業の拡大・成長時には金融機関からの協力は避けては通れません。

 会社の重要な財務・会計データを管理する税理士として、又経営者の事業発展の良き相談者として金融機関の融資に対するアドバイスも十分いたします。

また、資本金1円会社設立について
平成18年より資本金のが撤廃され資本金が1円でも会社を設立することができるようになりました。ただ、事業を大きくする上で、金融機関の協力を得ることが多くあります。

そのような時に、資本金が1円の会社であれば、融資はできても思った額の融資金額の協力は得られないと考えられます。安易に資本金1円の会社を設立するとこはオススメできません。

当社は、税務申告だけをする税理士事務所とは違う税理士・行政書士の総合事務所として起業・独立開業後のお客様の事業の発展・繁栄を心から願い、

 「お客様が安心して事業を開始いただき、孤独になりがちな経営者の良き相談相手として、お客様と一緒に考え相談し、事業の発展に貢献する。」
をモットーにお客様の起業・独立開業を力強く応援するために融資相談・アドバイスサービスを提供する義務があると考えております。