A戦略 と 戦術の違い を理解しよう!

前述の通り、粗利益はお客様からお金をもらったときに生じます。

つまり経営の目的はお客様作りでなのです。

お客様を同業他社が入り乱れての取り合いになります。 

ライバル会社との競争です。戦争ともいえます。

戦争とは言い過ぎかもしれませんが、

古代ギリシャでは戦いが盛んだったようで、

「将軍の術と兵士の術を高めれば戦いに勝てる」との結論に達し、

 研究が重ねられたそうです。

その後日本にも広められ

将軍の術 = 戦略 (将軍の頭の中にある全体の効果的な勝ち方・ルール)

兵士の術 = 戦術 (武器を持ち繰り返し手・足・体を動かして働く仕事)

と翻訳・解釈されました。

戦術とは会社でいえば、

作業員が機械や道具を使って物を作ったり、営業マンがカタログを持って営業に回ったり、

経理が会計の入力を行ったりする、繰り返し行う作業をが戦術にあたります。

戦略とは会社でいえば、社長が

どのような商品を、どこにいるのお客様のどの客層をターゲットとして、

どのような方法お客様にアピールし、継続的に販売する方法を考え、

どれだけの人員で、どのようにお金を調達し、どれだけの時間をかけるかを

つまり全体の効果的な勝ち方・ルールを決定することである。

全てを一人または数人で行う独立して間のない社長様は自ら戦術(営業活動・経理など)を

行って、本当に忙しそうなのですが、

経営に成功するには 戦略を考えることが非常に重要となります。

会社設立サポーターのトップページに戻る